東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房
白石拓本紙子 名刺入れ 縞々

佐藤紙子工房 SKU: 7-OR07-07-06
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々
東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房_白石拓本紙子 名刺入れ 縞々

東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房
白石拓本紙子 名刺入れ 縞々

佐藤紙子工房 SKU: 7-OR07-07-06
通常価格 3,080円
/
種類
  • 残り3点
  •  

石碑などに濡らした和紙を貼り、その上から墨をつけて凹凸をうつし取ることを「拓本を採る」と言います。

今では馴染みがない方法ですが、昔は拓本採りの愛好家がいた時代もありました。

その愛好家の一人、佐藤忠太郎氏が始めた工房が佐藤紙子工房です。

白石市は最高級和紙の産地で、宮廷に収められているほど。佐藤紙子工房は、白石和紙をより身近に使えるようにという想いから、拓本採りに染めの工程を加えて「拓本染め」という技法を編み出しました。

模様が彫られた版木に和紙を叩きつけ、近隣の山で採れた天然染料で色をつけています。

版木は先代から同じものを使い続けているため、角が丸くなり、欠けもしますが、それこそが持ち味。

カスレもそのままに写し取る拓本染めの揺らぎをお楽しみください。

 
作り手 東北スタンダードマーケット×佐藤紙子工房
産地 宮城県白石市
サイズ 縦65×横115×厚み20mm
素材 和紙・染料・蒟蒻糊
お手入れ 水洗いはできません。色の濃いものと一緒に使わないようご注意ください。
ご注意 -
HP -

この商品をシェアする

もう一度見る