大堀相馬焼 松永窯

大堀相馬焼 松永窯
二重湯のみ

商品番号: 6-FU14-01-01

2,750円

残り20点

通常便
5営業日以内に発送いたします。

大堀相馬焼の特徴である「青ひび」「走り駒」「二重焼」が全て凝縮された定番の作品となっています。渋い色使い、その中で彩る「走り駒」は350年の伝統を感じさせるのではないでしょうか。二重焼のため、お湯が冷めにくく、お湯の熱さも手に伝わりにくくなっております。陶器の原料である粘土の中にも小さな空気の粒が含まれているため、保温・保冷効果がガラスより高いのも特徴です。

大堀相馬焼とは、福島県浪江町大堀地区で生産される焼物の総称です。 旧藩政時代には相馬焼と呼んでいましたが、国の伝統的工芸品指定以後は、産地名である「大堀」の名を入れた大堀相馬焼として広く知られています。「走り駒」「青ひび」「二重焼」の3つの特徴を持ちます。

・走り駒

旧相馬藩の「御神馬」が描かれており、別名「左馬」それは「右に出るものがない」という意味から縁起が良いとして地域では親しまれてきました。 狩野派の筆法といわれる「走り駒」の絵で、相馬藩の御神馬を熟練された筆使いで手描きされています。

・青ひび

貫入音と共に「青ひび」といわれるひび割れが、器全体に拡がって地模様になっています。 ”うつくしまの音 30景”にも選ばれた美しき音色 貫入音(かんにゅうおん)素材と釉薬との収縮率のちがいから、焼いたときの陶器の表面に繊細な音を伴って細かい亀裂が入ります。 これを貫入と呼びます。大堀相馬焼は、この貫入によって「青ひび」の地模様が刻まれます。

・二重焼

入れたお湯が冷めにくく、また熱い湯を入れても持つことが出来ます。 この技法は大堀相馬焼にしかない、珍しい技法です。 元々、大堀相馬焼は生活に溶けこんだ陶器であり、使いやすいように創意工夫を重ね、このような技法になりました。

作り手 大堀相馬焼 松永窯
産地 福島県西白河郡西郷村
サイズ 直径69mm×高さ90mm
重量240g
容量100cc
素材 磁土
お手入れ 松永窯の焼きものは、吸水性、通気性があり、うわぐすりには貫入が入っているものもあります。使用していますと、茶渋や染みが貫入部分や陶器地に入ってきますので、お買い上げ後はご使用前にお湯にひたし、陶器に水分を十分ふくませておくと茶渋や染みがつきにくくなります。また、ご使用後はよく洗いよく乾燥させてから収納されることをおすすめします。
ご注意 -
HP http://soma-yaki.com/

いらっしゃいませ! 【 #tohokuru/トホクル 】 にお越しいただきありがとうございます。

#tohokuru は、「あなたのおうちに、東北が来る。」をキーワードに、東北6県の作り手と全国のお客様をつなぐ通販サイトです。

多くの通販サイトが、早さ・便利さを目的とする中で、#tohokuru は「通常お届け品」と「予約品」を分けて運営しております。

 

●通常品
カートに入れる】ボタンがついているアイテムは、通常お届けとして5営業日以内にご発送いたします。

●予約品
予約注文する】ボタンがついているアイテムは、予約品となります。毎月10日〜15日を「予約アイテムの発送日」とし、前月にご注文いただいた予約商品をお届けしております。
そのため、予約品はお品物をお届けするまで約1ヶ月程度のお時間をいただいております。

#tohokuru では年に数回、東北のものづくりの魅力をお伝えする「イベント」を企画しています。イベントに出品されるアイテムは予約品が多くなっておりますので、お届けまでどうぞお楽しみにお待ちくださいませ。
 

● 2021年 イベントカレンダー

イベント名 開催期間 発送日
東北の祭り、東北の夏。
8月2日(月)〜9日1(水)
9月10日(金)〜15日(水)

* 予約品と通常品を同時にご注文された場合には、予約品の発送日(遅い方)に合わせてまとめてご発送いたします。