〈 八幡馬 〉- 福を呼ぶ馬として親しまれてきた郷土玩具です。

八幡馬(やわたうま)は、青森県八戸市を中心とする
南部地方に、古くからある郷土玩具のひとつです。

「誰がいつ作り始めたのか」については
諸説有りはっきりした事は分かりませんが、
明治の初め頃には既に作られていたといわれています。


正の末期には直線加工を得意とするナタを使いながらも、
巧みな曲線加工と華やかな模様で作られた八幡馬は
三春駒(福島)、木下駒(宮城)と共に日本三駒と呼ばれます。

民芸品としての伝統を残しつつも
郷土八戸を凝縮したオリジナリティーあふれる八幡馬。

結婚、新築、卒業、出産、落成などのお祝、記念品として
広く愛され平成9年青森県伝統工芸品に指定されています。

ーーー

〈 八幡馬 〉
福を呼ぶ馬として親しまれてきた馬の郷土玩具です。
>> 商品ページはこちら

ーーー

Instagramでも日々の入荷情報をお知らせしていますので、よろしければご覧ください。

人気ランキング